こんな生活。

ごはんとイラストと雑談

ほぼ日手帳に書くライフログのこと

f:id:chihirolifememo:20171231194438j:plain

1日1ページ仕様の「ほぼ日手帳 オリジナル」。
10年使い続けてきましたが、今年はいまひとつ使いきれていませんでした。


これまで書いてきた内容は、そのときによって変わりますが、その日食べたものやその日にしたことを箇条書きにしたり、イラストを描いたり、映画などの半券を貼り付けたり、日記を書いたり。
こういうライフログを書くのが好きなのです。
書くのが好きなだけであんまり読み返しませんが…。

じゃあ何のために書いてるんだって感じですが、単純に書くのが好きなのと、あんまり読み返さないと書きましたが、たま〜にふとしたときに読み返すと面白いからです。

今年は1月の途中からライフログをデジタルで記録し始めたため、ほぼ日手帳はしばらく空白のページが続いていました。
アプリは、日記アプリの「Day One」を使っていました。

そのデジタルのライフログなんですが、先月途中までは毎日毎日書いていたのですが、だんだん書くのがしんどくなってきて、ちょっとお休みしていたのです。

しばらく休むと、また書いてみようかなという気になってきました。
なんとなくデジタルよりもアナログで書いてみたいと思ったので、久しぶりにほぼ日手帳に書いてみました。

f:id:chihirolifememo:20171231194505j:plain

久しぶりにこうやって手書きするの楽しい。

これを写真に撮って日記アプリに保存しておこうと考えています。
それなら手帳本体を処分しても記録は残ります。
手帳とか紙の類ってどんどん増えるので、手放すときのことも考えておきたいのです。


今年の夏に、2014年以前の8年分の手帳を処分しました。
処分する前はしばらく悩みました。これ捨てたらもうこの記録は戻ってこないしな…とためらっていたんです。

でもそれらの記録を読んで良い気分になるかというと、ならなかったのです。
なんかそのときの苦い記憶が蘇ってくるようなものも多くて。
なので手放しました。
今記録しているものもそうはならないとは言い切れないですが…でも前ほど苦い記録にはならない気はします。

来年はほぼ日手帳買うのどうしようかと思ってたのですが、やっぱり買おうかな。
ほかの1日1ページ形式の手帳でもいいかもしれない。